会計システムの目的は

main-img

会計システムは、主として経営者および外部の第三者が意思決定に利用できる情報を提供するように設計されています。

さらに、会計システムは、計算書類の作成、会社の資産の保全、会社が納税申告書を作成する際の資料の提供などの目的のためにも役立ちます。
会計担当部門には、得意先帳や賃金台帳のように、さまざまな業務の内容を示す書類を備えておくという責務があります。
また従業員の給料や賃金の記録のように、個人のために情報を提供する目的で作成される計算書類も準備しなければなりません。
さらに、これらの計算書類の多くは他の会計目的のための資料源としても役立っていますが、同時に、報告が必要とされない場合においても、これらの資料は常に準備していおかなければなりません。
以上のように、多くの人数と時間を要するので、計算書類の作成は、会計の重要な責務の一つとなっています。

会計システムは、従業員や仕入先ならびに顧客の不注意や不誠実により、会社の資産が減少する機会を少なくする手段を提供しなければなりません。

資産保全の手段は概して非常に単純です。


たとえば、多くのレストランでは数字の入った食券を使用しています。

そうすることによって、給仕が、顧客の支払う額よりも少ない金額を現金出納係りへ渡すといった危険を防ぎます。

また発見が難しい摂取が起る機会を少なくするため、仕事の一部を別の従業員に繰り返させるとか、二人の人に仕事を分割するというような方法もあります。

これらの事柄は、すべた会社の内部統制手段です。


内部統制組織においては、内部監査も重要な要素です。
内部監査人の職務は、定められた資料の処理および資産保全の手続きが規定どうりに行われているかを監査することにあります。
この目的を達成するために、内部監査人は、遂行中の業務を観察し、あるいは、過去の取引例を調査し、正確かつ真実であるかを監査します。

また内部監査人はテストデータを電子計算機のシステムに入力し、結果が予定標準に達しているかどうかを調べます。

この最後の手法は、電子計算機によるデータ処理に用いるプログラムが妥当かどうかを鑑別するのに特に有益です。


最後に、会計システムは、納税申告書を作成する際の資料を提供しなければなりません。
税金、給与は増えないのに上がっていく事に憎たらしさを覚えます。

ですが、払わないでいいというわけではありません。
その為に行うのが節税です。
かといって、支払う税金を少なくすることはできません(支払い時に勝手に積算されるから)。
なので、個人に行える節税は払いすぎた税金を取り戻す事なのです。
まず確実に行える事が、確定申告です。

使える控除枠は余さず使って、節税しましょう。


中でも、大きな割合を占めているのが「医療費控除」です。
医療費総額10万円を超えた場合、最高200万円まで戻ってきます。
もらったレシートは捨ててはいけません。
家族の分は計算にいれているか、日常生活で使った風邪薬も対象にしているか、マスクは医療費で領収書もらっているか、細々としてはいますが積み重なれば結構な額になります。「10万円なんて使わないよ」とお考えかもしれません。

1人ではそこまで使わないかもしれませんが、人生何が起こっても不思議ではありません。
私はうっかり転倒して骨折しましたが、通院3回目で3万円オーバーです。

それに、1か月前から通院している歯医者の治療費を含めれば7万円オーバーです。


前歯だからもっとかかる見込みですね。

10万円はもうすぐそこです。


これに風邪薬代金・マスク代もろもろ含めると、「あれもうちょっとでOK」という状況です。
これが入院だったら、さらに金額は増えるたはずです。
家族が多いなら、更に10万円は貯まりやすいです。
領収書がないと、認証されませんから注意してください。あと、雑損控除です。


盗難にあった場合は申告しましょう。


ゲリラ豪雨で浸水被害にあっていませんか、対象枠です。

生命保険に入っていたら生命保険料控除枠ですし、ふるさと納税していたら寄付金控除枠です。


他にも、住宅ローン控除、地震保険控除と様々です。
もれなく記載して節税を行いましょう。


個人で出来る節税には限度があります。
なら、限度ぎりぎりまで行わないと損です。


もともとは自分の物、頑張って節税して取り戻しましょう。

基本も充実した埼玉の保険の情報が欲しい方必見です。







埼玉の保険のお役立ち情報を公開しています。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20160901/Cobs_502750.html

http://www.mbs.jp/news/kansai/20161114/00000056.shtml

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9211824.html

関連リンク

subpage01

会計システムの目的は

会計システムは、主として経営者および外部の第三者が意思決定に利用できる情報を提供するように設計されています。さらに、会計システムは、計算書類の作成、会社の資産の保全、会社が納税申告書を作成する際の資料の提供などの目的のためにも役立ちます。...

more
subpage02

過払い金がなぜ発生するのか

長期間にわたり、法律で定められた金利以上の利率で借金の返済を行っていた場合、過払い金が発生することがあります。過払い金とはそのものずばり、「返しすぎたお金」です。...

more