過払い金がなぜ発生するのか

main-img

長期間にわたり、法律で定められた金利以上の利率で借金の返済を行っていた場合、過払い金が発生することがあります。

過払い金とはそのものずばり、「返しすぎたお金」です。

出資法という法律では、金利は年29.2%未満であれば罰則がないため、消費者金融のほとんどはこの利率を使用していました。

しかし、利息制限法という法律で定められた金利では、10万円未満の場合年20%、10万円以上100万円未満の場合年18%、それ以上の場合は年15%となっているため、この利息制限法に基づいた利率で計算すると、超過利息が発生するのです。ですから、返済を続けて完済となった人も、利用した消費者金融業者の設定した利率によっては、過払い金が発生しているため、過払い請求をすることができるわけです。


この過払い請求は、自分で請求訴訟を起こすこともできますが、書類を揃え、法定金利に基づいた請求額を確定させ、訴状を作成するなどの法的な手続きが必要となりますので、弁護士に行ってもらうのが理想的です。


弁護士に代理人として入ってもらうことで、消費者金融と直接交渉することもなくなり、心理的な負担も減ります。

ただし、この請求はあくまでも、元金分を返金した上に、利息制限法を越えた金額を消費者金融に支払った場合のみできるもので、ただ金融機関に返金し続けていたというだけでできるものではありません。

実際に自分が返金した金額が妥当なものである場合もありますので、弁護士相談などを利用して確認することが必要です。


債務整理に関する相談は無料で行っている弁護士事務所もあります。


税理士を目指して勉強している人は多いです。


あまり知らない人にはどんな勉強しているのか、と言うことがわからないでしょうが、簡単に言えば簿記の勉強です。簿記と言うのは社会人ならば基本的には役に立つものです。少なくとも勉強をして損をすることはない知識です。
自分で独立開業して仕事をしようと思っているなら最低限必要な知識ですし、是非とも勉強してみることです。

勉強するには目標が必要です。

しかも出来るなら少しでも高い目標を持ったほうが良いのです。
それが税理士資格の取得です。
かなり難しい試験ではありますが、決して突出した才能が必要な資格ではないのです。

努力が報われる稀有な資格であるといえます。
ですから、勉強してみることは非常に良いことであるといえます。

ちなみに試験ですが、一度に税理士に必要な知識を試されるわけではないのです。試験内容が分割して出されるのです。

科目別試験と言うものであり、一度にすべての科目を受験する必要がなく、また一度合格した科目は一生有効なのです。

さらに科目合格ですら、社会的には非常に高い評価を受けることができます。


ですから、税理士になる為に勉強することは決してムダではなく、科目合格だけでも良いので目指してみることです。もちろん、最終的にキチンと資格を取得して、税理士として独立するのもよいです。
所謂、士業と言うものですから、独立はかなりやり易く、収入もかなり高いですから、お勧め出来ます。

埼玉の保険のことならこちらのサイトにお任せください。







知って得する埼玉の保険代理店の知りたかった情報がきっと見つかります。

https://m3q.jp/t/4830?page=2

https://4meee.com/articles/view/402420

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20160901/Cobs_502750.html

関連リンク

subpage01

会計システムの目的は

会計システムは、主として経営者および外部の第三者が意思決定に利用できる情報を提供するように設計されています。さらに、会計システムは、計算書類の作成、会社の資産の保全、会社が納税申告書を作成する際の資料の提供などの目的のためにも役立ちます。...

more
subpage02

過払い金がなぜ発生するのか

長期間にわたり、法律で定められた金利以上の利率で借金の返済を行っていた場合、過払い金が発生することがあります。過払い金とはそのものずばり、「返しすぎたお金」です。...

more