税理士の毎月の顧問料の設定

main-img

税理士の方々に仕事を依頼する際には、費用が発生することになります。


その費用の1つに、顧問料というものがあります。
顧問料は、毎月の単位でかかってきます。

毎月1回はこの職業の方に対して、費用を支払う必要があるのです。
顧問料は、各税理士の事務所によって色々と数値が異なっているものです。

例えば全国の事務所の30%程度は、毎月の顧問料を2万円から3万円の幅で設定をしている状況です。
さらに1万円から2万円の幅で設定をしている事務所は、全体の18%ぐらいという割合なのです。そして3万円から4万円での幅での設定をしている事務所が全体の18%ぐらいです。


さらに4万円から5万円での設定の事務所、全体の15%ぐらいという状況です。

したがって1万円から5万円での幅で設定をしている税理士の事務所が、全体の8割近く存在するという状況なのです。
それ以外の顧問料で設定している事務所、やはり少なめです。


例えば6万円から7万円での幅で設定をしている事務所は、全体の6%程度です。
それと1万円以下での設定をしている事務所も、全体の6%以下という状況なのです。

今よりも埼玉の保険選びをお手伝いします。

総合的には、やはり1万円から5万円ぐらいの幅で月額の顧問料を設定している事務所が非常に多いのが現実です。


なお税理士に依頼をする費用は、この月額の顧問料以外に決算の報酬などもあります。それもやはり数字の割合なども色々と異なっているものですが。



それでも上記の毎月の顧問料のように、どこかの数字に集中している傾向があります。



税理士とは、税のスペシャリストです。



税務署などに提出する為の確定申告や青色申告などの承認申請などを、企業や個人に代わって税務書類の作成や申請などを行います。他には税に関しての相談の受付や指導をしたり、税務調査の立会いなどもします。

しかし大変難しい試験に合格しなければいけません。

また、合格するだけではありません。
2年以上の実務経験が必要となります。

知って大満足の埼玉の保険代理店の情報を提供しているサイトです。

しかし一般企業の経理部門に勤務する場合でも、当然有利になってきます。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20160901/Cobs_502750.html

関連のある仕事をしながら税理士を目指すことができるのは大変メリットとなります。また、資格取得の条件である5科目は何年かけても構いません。

受験資格として、大学、短大、高等専門学校、専修学校を卒業していなければいけません。

http://www.mbs.jp/news/kansai/20161114/00000056.shtml

そして法律学、経済学を1科目以上履修しなければいけません。
法律学、経済学を含めた62単位以上の取得と大学3年以上の学生でなければいけません。日商簿記検定1級合格者であることも必要です。

また、全国経理学校協会主催簿記検定能力検定試験上級合格者であるなどの条件があります。試験内容は会計学では簿記論、財務諸評論の2科目が必須となります。
税法では3項目を選択することになります。

所得税法または法人税法、相続税法、消費税法または酒税法、国税徴収法、住民税または事業税、固定資産税の中からの選択になります。

http://news.mynavi.jp/column/hokenminaoshi/004/

申し込み期間は5月中旬から下旬頃です。

試験日は8月初旬の3日間となります。
税理士になる為にはこれらの内容が必要です。

関連リンク

subpage01

会計システムの目的は

会計システムは、主として経営者および外部の第三者が意思決定に利用できる情報を提供するように設計されています。さらに、会計システムは、計算書類の作成、会社の資産の保全、会社が納税申告書を作成する際の資料の提供などの目的のためにも役立ちます。...

more
subpage02

過払い金がなぜ発生するのか

長期間にわたり、法律で定められた金利以上の利率で借金の返済を行っていた場合、過払い金が発生することがあります。過払い金とはそのものずばり、「返しすぎたお金」です。...

more