税理士の活躍できる場

main-img

税理士を目指している方であれば、必ず合格しなければならないのが税理士試験です。
税理士となるのに必要な知識や応用能力があるかどうかを判定する目的として、国税審議会が行います。

また、受験資格者として日本商工会議所主催の簿記検定1級または全国経理教育協会主催簿記能力検定上級合格者、という条件もあります。
社会人として経験がある方は、こちらを取得するのも一つの方法です。

また活躍のフィールドとして、企業からの経営や財務戦略、組織再編に関するコンサルティング、国際化に伴う国際税制や税務、企業の情報化に伴う会計・税務システムの構築など企業の核となる部分でのコンサルティング業務が期待されています。
更に、個人の相談となると、相続や贈与などやはり個人資産にかかわる様々な相談も寄せられますので、幅広い知識と経験が求められます。
2003年に制度が改正され、その改正点の1つとして注目されているのが税理士法人が設立可能になったことによって、複数の税理士が共同して税務業務にあたることができるようになりました。このことにより、それぞれ得意分野に特化したチームとして業務に当たれる為、個人事務所ではなかなか出来なかったことが可能となりました。例えば、複雑化、高度化、国際化している難問に対して、より専門的で迅速に質の高いサービスを地域で提供することもできます。
こういったサービスができるようになれば、更に地域や分野での需要は高まってくることは予想に難くありません。
税理士には資格が必要です。

資格には受験をしますが、国家試験を受験しないと税理士にはなれませんが、試験を受けるのにも条件を満たさないと、試験は受けれないのです。

主な試験資格は、大学、短大の卒業した者で法律学、経済学を学び一科目以上履修した方、大学3年以上、法律学、経済学を1科目を含む以上、62単位以上の取得した方、一定の専修学校専門課程を修了した方、法律学、経済学の1科目を以上履修した方、司法試験を合格した方、公認会計士試験で短答式試験を合格した方は学識による受験資格の条件で、この条件での証明書類を提出します。資格による受験資格は日商簿記検定1級合格者、全経簿記検定上級合格者が税理士の資格による受験資格です。

職歴による受験資格もあります。

この場合も条件があり、法人、事業を行う個人の会計に関する事務を3年以上従事した方、銀行や信託会社や保険会社等で資金の貸付、運用に関する事務を3年以上従事した方、税理士、弁護士、公認会計士等での業務補助事務に3年以上従事した方が職歴による受験資格となります。

外国での大学を卒業した方で法律学及び経済学を履修の上卒業者は、申請により受験資格の認定が受けれます。
その際に条件もあり、外国の大学卒業証明書、住民票の原本、成績証明書、3、4の和訳、大学等紹介文などの多数条件がありますが、いずれかを条件に満たさない限り税理士の資格の受験することができないのです。国家資格なため、大学で経済学又は法律学を卒業を取得した者でも、単位62以上を取得しないといけないのです。

埼玉の保険代理店についての知識を高めてもらうためのサイトです。









http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20160901/Cobs_502750.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9211824.html



関連リンク

subpage01

税理士の毎月の顧問料の設定

税理士の方々に仕事を依頼する際には、費用が発生することになります。その費用の1つに、顧問料というものがあります。...

more
subpage02

債務整理の結果過払い金返還

今から5、6年前のことですが、真剣に自己破産を考えたことがありました。夫が病気で働けなくなったりして、毎月の生活費が入らなくなりました。...

more